意外に低い缶バッチマシン『Canバッチgood!』の評価

誰でも簡単に缶バッチが作れるという『Canバッチgood!』は大分前から気になっていましたが、私は既に業務用の缶バッチマシンを所有していましたし、所詮オモチャだからと気にしていませんでした。ところがある時ネット通販のサイトで買い物をしたついでに『Canバッチgood!』がいくらするのかなと 何気なく調べていたら、その商品についてレビューが書かれていたのを発見しました。そのレビューを見ていると『上のフタと下のフタが合わない』とか『紙やフィルムがずれる』といったものが多いのでした。30個も作って失敗なくできた缶バッチが5個という話もあってこれではオモチャとしてもどうかと思いました。そこで私の方で缶バッチを上手く作れる方法はないのかと思うようになりました。


業務用の缶バッチマシン。随分使っているので年季が入ってます。

業務用のマシンでもやはり一筋縄という訳にはいかず失敗することもありましたし、機械ですから故障も度々ありました。その度にマシンをバラしてみて構造が良くわかってくるにつれてどこを調整すれば綺麗な缶バッチでできるかということが分かってきました。『Canバッチgood!』だってきっと業務用のものと構造を大きく変わらないだろうから綺麗に作成できる方法があるだろうと考えるようになりました。そこがこのサイトの始まりになったのです。

当社は業務で缶バッジを作っていますので当然業務用を使っていますが、それでも度重なる故障や不具合は起きています。その度に修理や調整をして今ではちょっと不具合が出てもどこが具合が悪いのかもすぐにわかりますから、すぐに直すことができます。他のオリジナルグッズで例えばオリジナルキーホルダーなどもそうですがハメパチでフタを締める時に不具合が出る時があります。最初はどこが悪いのかが分からずに試行錯誤を繰り返していくうちに今では問題なく作業を進めることができるようになりました。問題が起きても落ち着いて対処しているうちにそれが当社のノウハウとなってお客様に喜んでもらえるような高品質のグッズを作る源になっています。
ページのトップへ戻る